中平の庭

2021年 春

1 中平の庭 2021年 春

 

f:id:Balance1950:20210409041743j:plain

はなみずきの新芽

  ココ.シャネルの言葉

私のような大学も出ていない年をとった無知な女でも、まだ道端に咲いている花の名前を一日に一つぐらいは覚えることができる。一つの名前を知れば、世界の謎がひとつ解けたことになる。その分だけ人生は単純になってゆく。だからこそ人生は 楽しく生きることは素晴らしい。

 高校大学時代の友 S君の小説「春の息吹」より引用

 

「春の息吹」を読んだら 花の写真が撮りたくなりました。春の花が咲いているうちに。

花と木の芽の写真だけのささやかな シンプルなホームページです。出来たページをスマホで見てみたら 宣伝だらけ。上から下から。宣伝ナシのWebページが作れるということで有料のブログ会社との契約のはずですが ・・・ 

写真に詩をそえれば 広告の毒気は薄まる そう思って詩を一篇書き加えました。

 

私の上司 江藤先生 若き日 仕事の後 今池の飲み屋に随行。三軒四軒。

「お前はスゴイヤツだ。前の店で そんなことじゃあ首だ と言ったのに ビクともしない。寝ておったな。アハハ。」海軍兵学校出身 豪快で楽しい酒でした。全部江藤先生のおごり酒。

「詩嚢 わかるかな 人間 詩嚢が発達していなければイカン」

当時 私は 山頭火 放哉 三好達治 くらいの詩嚢。以後 上官殿の命令で本屋に行くと 詩の本棚の前に立つことになりました。

 

f:id:Balance1950:20210408192639j:plain

クリスマスローズ



f:id:Balance1950:20210408194244j:plain

水仙

中平とは平針の中央。 愛知県の平針免許試験場のそば。試験場は丘の上であるが、わが家は水田のあった天白川のほとり。

f:id:Balance1950:20210410065106j:plain

天白川の桜



宣伝のないWebページが作れるということで有料の契約をしたが、宣伝が消えないので残念。

そこで 宣伝はページの前後に侵入してくるから 一枚の長いWebページを試みてみます。

 

f:id:Balance1950:20210408201243j:plain

槿 むくげ


2004年 夏のフランス旅行 リヨンへ。ソーヌ川ぞいのレストラン ポール・ボキューズ本店。前庭の道に 黄色や水色のあざやかな槿の花が咲いていた。わが家の垣根は思い出のむくげの木。

 

f:id:Balance1950:20210412075933j:plain

 

花の写真だけでいいよ という声にこたえて 庭の花の写真s

 

f:id:Balance1950:20210412080431j:plain

f:id:Balance1950:20210412080558j:plain

f:id:Balance1950:20210412080650j:plain

       チューリップ

f:id:Balance1950:20210412080842j:plain

       水仙

 

f:id:Balance1950:20210412081055j:plain

 

      クリスマスローズ

 

f:id:Balance1950:20210412081440j:plain

      あやめ 

f:id:Balance1950:20210428185727j:plain

ハナミズキ

 

f:id:Balance1950:20210428185815j:plain

ツツジ

f:id:Balance1950:20210428185848j:plain

つつじ

f:id:Balance1950:20210428185922j:plain

さつき

f:id:Balance1950:20210428190004j:plain

f:id:Balance1950:20210428190111j:plain

ひめうつぎ


 

f:id:Balance1950:20210412082211j:plain

      ハナミズキ

 

f:id:Balance1950:20210412082627j:plain

 

以下 裏庭の花

 

f:id:Balance1950:20210412083306j:plain

        ツツジ

 

f:id:Balance1950:20210412083520j:plain

       つるにちそう

 

 


以下 空白 スマホで見ると宣伝が下から迫ってくるので。

最後にマジシャン 広告を下げるマジック 

コロナ禍以前のマスクをしていない大道芸人の方の映像 










 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



f:id:Balance1950:20170919082737j:plain

        宣伝を下に下げるマジック

        写真左のメガネは中学時代からの友人 F 君

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

























 

 

2 クリスマスローズ  と  岸田矜子の詩

f:id:Balance1950:20210409041517j:plain

 花のかず

 

ひとは行くところがないと

花のそばにやってくる

 

花は 咲いているだけなのに

水は ひかっているだけなのに

 

花のかずを かぞえるのは

時をはかる方法

ながれる 時の長さを

 

ひとは 群れからはなれると

花のそばへやってくる

 

花は 黙っているだけなのに

水は みなぎっているだけなのに

 

 岸田矜子「いそがなくてもいいんだよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 クリスマスローズ なぜ 花はいつも

f:id:Balance1950:20210408192328j:plain

 

 なぜ 花はいつも

 

なぜ 花はいつも

こたえの形をしているのだろう

なぜ 問いばかり

天から ふり注ぐのだろう

 

      岸田矜子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Balance1950:20170919082737j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4 クリスマスローズ 春の朝

f:id:Balance1950:20210408192639j:plain

 

春の朝 (あした 上田敏 訳)

      ブラウニング

時は春、

日は朝、

朝は七時、

片岡に露みちて、

揚げ雲雀(ヒバリ)なのりいで、

かたつむり枝にはい、

神、そらに知ろしめす。

すべて世は事も無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5 クリスマスローズ 朝ごとの希望の合図

f:id:Balance1950:20210408194524j:plain

 

クリスマスローズ一輪 風吹けばうなじ動かし

日照ればため息つく かぐわしい春のクリスマスローズ

疲れた私 私のためにの 朝ことの希望の合図

 

三好達治「山果集」薔薇 を改作 

クリスマスローズの詩がみつからないので 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6 水仙 I Wandered Lonely as a Cloud

f:id:Balance1950:20210408194244j:plain

水仙

水仙

 

谷また丘のうえ高く漂う雲のごと、

われひとりさ迷い行けば、

折しも見出でたる一群の

こがねいろに輝く水仙の花、

湖のほとり、木立の下に、

微風に翻りつつ、はた、躍りつつ。

 

ワーズワース 田部重治

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7 椿 万葉集の歌 

f:id:Balance1950:20210408193156j:plain

 万葉集に椿の歌は2首

 

みもろは 人の守る山 もとへはアシビ花さき すえへは椿花咲く うらぐわし やまぞ 泣く子守る山   作者不詳 13巻

 

みもろ 三諸 奈良地方の地名

守る 大切にする

もとへ 麓 ふもと

すえへ 末辺 高地 

うらぐわし 霊妙

 

もう一首は大伴家持の 友人の出世祝い歌。若き日を一緒にすごした二上山の麓では峰々の霞たなびき 谷辺には椿の花が咲いていたね。19巻

 

奈良時代の椿は紅白のシンプルな椿のはず。写真は我が家の庭の椿で有楽椿うらくつばき。戦国時代の最新タイプ。有楽 ウラク織田信長の弟。東京も有楽町にも屋敷があり、数寄屋橋は有楽の茶室がそこにあったための地名。